カテゴリ:からだのこと( 3 )

歳とともに・・・・。

昨日の夜、またまたルーラルカプリ農場のmacさんが配達後に通りかかり

晩御飯を食べるというので、ダンナが出張中の私も一緒に行くことになった。

私は前日一人の夕食だったので、買い置きのビビン麺という韓国の辛い麺にたっぷりの

野菜を入れて食べたのだが、味はすごくおいしかったのに翌日お腹の調子は最悪。

マレーシアに行った時もそうだったのだけど、

どうも最近辛い物を食べると翌日苦しむことが多い。

元々激辛好きなのでその時は辛い方が舌も脳も満足するのだが、

腸はどうも受け付け辛くなっているようだ。

そんな状態でしたが、結局近くのインド料理屋に行くことになりました。

そこでmacさんから

「辛い物好きなんだけど、最近調子に乗って食べると翌日ヒドイ目に合うんだよねえ。」

私も!私も!全く同じ!!!

あまりにもタイムリーな発言に盛り上がりました。

元気そうに見えても内臓は弱ってきているってことなのか・・・・。

でもエスニックなものはガツンと辛い方がおいしいと思うので

辛さ控えめで食べるのはちょっと物足りないんだよねぇ。

そういえばうちのダンナも辛いもの好きですが、最近辛さの許容レベルが

下がったって言ってました。

東南アジアとか韓国とかの人も歳を取るとそうなるのかなぁ?

いや、違うよね。

食べ続けてるから歳を取っても変わらないのか・・・?

私達はたまに食べるから変化についていけないのかも。

という結論に昨日は達したんだけどね。



そうかと思えばここにきて食べられるようになったものも・・・・。

昔からどうもセロリが苦手で、外食しても避けてたんだけど

2,3ヶ月前に義理の母が持ってきてくれたセロリの入ったサラダが

妙においしくて、その後は初めてスーパーで買ってみたりしました。

まさかセロリをおいしく食べられる日が来るとは思ってなかったんだけど

自分でも意外でした。

これで私の苦手な食べ物はレーズンとグリーンピースとパセリのみ!

・・・・ってあまり自慢出来ませんが(w

パセリを生で食べる機会はほとんどないので除外してもいいか。

レーズンは物によっては気にせず食べれるものもある・・・・。

グリ-ンピースは・・・・・結構予想外に入ってたりするから厄介。

情けないけど除けて食べます。

でもお皿に山積みになったグリーンピースはかっちょ悪いので

いつか劇的な出会いとタイミングで克服できたらいいなと・・・。

あくまで他力本願で、自主的には行動起こしませんけど。

e0176580_1982254.jpg

           ぼくは きらいなものは ないもん~。
[PR]
by lunapiena_mocha | 2009-07-25 19:10 | からだのこと | Comments(7)

持病その2

e0176580_17175853.jpg
←内容とは全く関係ないモカのあくび037.gif


数年前に右目の視界の真ん中が暗く見えるというおかしな状態になり眼科に行った。
『中心性しょう液性網膜脈絡膜症』という診断だった。
舌を噛みそうな病名を調べてみると『中高年の働き盛りの男性に多く発症する』
と書かれていて「私はオッサンか!」と一人で突っ込んでしまった(w

ま、しかし本題はそこではない。その時に眼科で調べているうちにそれよりも別の問題が大きいということがわかったのですね。

それは『上下斜視』

右目と左目の焦点が上下にずれるので両眼で物を見ていない、もしくは片方の映像しか脳に送られていない症状を指します。

検査すると私はその時々に応じて上手く右目と左目を使い分けているらしく自覚症状も全くなかった。

その時は眼鏡で矯正するには左右の差がありすぎるので手術を勧められたのだが怖いので保留にしていた。

ただ『歳をとると眼筋の力が弱くなるので見え辛くなりますよ』とは言われたので頭にはず

っと置いてはいたのだが・・・。

昨年末からパソコンを使うようになりグッと視力が落ちたなあと最近思ってたのだけど

気がつくと名刺に書かれた小さな文字が読めない!

『うわ!!ついに来たか!老眼!』

と、うすら寂しい気持ちになってたとこへ知り合いが斜視などを専門とする特別な眼鏡を

作る店を紹介してくれたので行ってみた。


さすが専門にしているだけあって検査器具も揃っていて色々調べてもらえたのだが

結果からいうと老眼ではなく上下斜視の影響で小さい文字が見えなくなっているみたいだった。

事実、度が全く入っていない斜視のみを矯正するレンズで見たら

よお~く見えた005.gif

観念して遂に眼鏡を作ることにしました。

ただし!普通の眼鏡より相当高いので(レンズが特殊加工になる)

誕生日祝いという名目でダンナさんに買ってもらうことに・・・。

ちなみに同行したダンナも調べてもらうと彼は上下ではなく左右斜視気味でした。

ビックリしましたが、学生時代に『野鳥の会』に所属していた彼は

左目は望遠鏡、右目は空全体を見て鳥を数えるということをしていたので

うすうす自覚はあったみたい。

二人とも片目でしか見てないので遠近感がわかりにくいらしい。

二次元の画像を捉えて脳に伝達する間に立体的な画像に作り変えてるんだとか。

ん~、不思議。

っていうか、人間て足りないものを補う力が備わってるんだなあと感心した。



眼鏡は出来上がるまでに1週間ほどかかるので

仕入れから帰ってから眼鏡デビューですね。

当分はパソコン使用時のみですがこれで偏頭痛がなくなるかも?

いや~、ちょっと楽しみかも。
[PR]
by lunapiena_mocha | 2009-03-11 19:09 | からだのこと | Comments(0)

持病その1

  
  私は元々体は丈夫な方だと思っているのだが

  それでも手術歴は6回もあり、病気ではないけど全く健全な状態ではない・・・

  というコンディションで日々を過ごしております。

  その中で最も頻繁に発現しかつ激痛を伴い鎮痛剤が全く効かないやっかいなものが

  ・・・・『外耳炎』。



  経験した人ならわかると思うがこの痛みは尋常じゃない。

  一度なると治らないものらしいので発症したら一生耳掃除をするなという医者もいます。

  でもでも、耳が痒いときって掻かずにはいられないよねぇ。

  相当の注意を払って綿棒とかでたまにカリカリするのだけど年に2,3度は

  限度を超えて痛さにのたうちまわる(実際は炎症を起こすと1mmも顔を動かせない)

  ことになります。

  
  二日前の夜、何気に耳の外側の迷路みたいになってるとこを掻いたら思いのほか

  汚れていて調子に乗って爪でガリガリと擦ってしまったのですね。

  
  今まで外側では外耳炎を起こしたことはなかったのに

  昨日の夜になって

  「まずい・・・・・・・・」

  と思うほど耳がジンジンしてきた。


  大事を取って入浴も控え早めに寝たのに今朝も回復せず

  いつもの2倍の時間をかけて仕度をしたのに(痛くて動けないから)

  まだ痛みが引きません。最悪~!


  外耳炎の症状は大抵1日~3,4日後に出るという

  打っても全然響かない発症のしかたなので

  原因に心当たりがないこともしばしば・・・・

  その場合は後悔しようにもできなくてただ痛みに耐えねばならないので

  なんか理不尽な気持ちになってしまいます。


  耳に刺激を与えすぎるとだんだん悪化してこんなことになってしまいますので

  みなさん耳にはやさしい気持ちで接しましょう。

  ホント激痛なんですよ・・・・。
  

  ↓本日のディスプレイ 巻いてるのはバティック。
                   スモーキーピンク基調のコーディネート


e0176580_17445757.jpg
  
[PR]
by lunapiena_mocha | 2009-03-05 18:03 | からだのこと | Comments(2)