野良猫クロちゃん〜初めてのTNR①〜

またしても猫ネタです。

11月の初旬のある日、てってってっとお店に入ってきた黒猫がいました。
e0176580_22363203.jpg

物怖じせず様子を伺っているので、近所のワンちゃん用に置いている犬用オヤツをお皿に入れてみました。

すると…。

結構食べる。

そして、ひと通り食べ終わるとお店を出ていきました。

思わぬ乱入者にホッコリしていた私でしたが、3日後位に再び現れました。

これはもしかしたらまた来るかも?と思い、家にあるみんな大好きちゅ〜るを持ってきて待機しておりました。

もちろんちゅ〜るに落ちない猫は殆どいません。
e0176580_22363323.jpg


今度は2日後位に現れその後は度々来るようになりました。

撫でたら喜ぶし、全く威嚇もなく噛まない。

ウチの2匹の猫より全然おとなしい(^-^;

話しかけたら「にゃ〜お。」といちいち返事してくれる。

そしてご飯をもらった後は店の奥の段ボールの上で寛いでいくようになりました。
e0176580_22363348.jpg

結構爆睡だったりします(笑)
e0176580_22363413.jpg

この頃には定休日以外に週に5,6日は来ていました。

長い時は3時間位寝続けたりしてました。

勝手にクロちゃんと名付けて呼ぶようになりましたが、本人全く自覚はないです(^-^;

でもこの子の中ではウチの店はサブ的な位置づけなのだと思います。

この辺りは近所の公園を住処にし、周りの駐車場などにたむろしている野良猫が沢山いるのです。

昔から餌やりする人が何人かいるようですし、周辺の飲食店でもご飯をもらったりしてるみたいです。

一度営業後の居酒屋さんの玄関で見かけたので、多分そこがメインなのかなぁ。

サブでも来てくれて寛いでくれるのは嬉しいものです。

しかしこのままご飯をあげ続けるだけなのも抵抗がありました。

野良猫を可愛がるのはいいとしても、それによる弊害もあるからです。

今までも猫の糞尿問題や、事故、花壇を荒らすなど近所の人達の話を聞いていました。

可愛がるだけでなく野良猫を増やさない為に出来ることをしないといけないのでは?

自分から積極的に活動は出来ないけど、今のこの状態ならこの子だけでもどうにかなるかも。

そう思ったのは以前このブログでも紹介した「やさしいねこ」の著者である太田康介さんの活動に感慨深いものを感じていたのもあると思います。

「やさしいねこ」がやってきた。参照

彼は近所の野良猫たちにご飯をあげるだけでなく、

TNRをして地域猫を見守っているのです。

*TNRとは
Trap 捕獲し
Neuter 去勢、避妊手術を施し
Return 元の場所に戻す

これを行うことで、今いる猫は子孫を増やすことなく一代限りの生涯を終えることになり、

無用に不幸な猫達が増えることもなくなっていくのです。

話がどんどん別の方向に進んでしまうのでこの辺にして、

とりあえずそういうわけで私はクロちゃんにTNRをしようと決めたのでした。

そんなこととはつゆ知らず、爆睡するクロちゃん。
e0176580_22363597.jpg

思いのほか長くなってしまったので、パート②に続く。
野良猫クロちゃん〜初めてのTNR②〜

[PR]
by lunapiena_mocha | 2017-12-25 21:19 | | Comments(0)